スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛おしきかなぼっちゃま

大阪に行って帰って来てから、ほんとはすぐに感想書くつもりだったんですけど、女子日になったりして、体調なぜだか不安定。
そして昨日になって、今度は風邪っ引き~(>_<;)
何だかぼーっとした頭で書いてるから、訳分かんないことになっちゃってたらごめんなさいね。

ほんとはね、月曜日のスマスマ♪♪
奇跡のキンキとのコラボの感想書きたいんだけど、今日はぼっちゃまです。

とは言っても、そんなに書けない記憶力の薄い脳内だから、ちょっとだけね。

最初に、ぼっちゃまって聞いた時から、あー吾郎ちゃんっぽいなあって思ってて、今までもずっと吾郎ちゃんの舞台は観たかったんだけど、今回はほんっとに観たくって。
お友達に取れたよーって聞かされたときには感激しちゃった。
普段剛くんの舞台を観に行く時なんかは、大体少しくらいはあれこれ予習?をしていくんだけど、今回はほんとにまっさらで観たかったというか、まっさらでも分かるかなーっていう期待感。
で、まさに真っ白大正解(*^o^*)
次にどうなっちゃうのーがほんとに楽しくて、今、自分の目の前に見えてる家族のお話に自然に感情移入が出来て、笑ったり泣いたり、あっという間の2時間半でした。
吾郎ちゃんの他の舞台を観てないから、ほんと比較は出来ないんだけど、吾郎ちゃんほんっとに素敵でした。
何かね、ほんとにキラッキラで。
舞台の上を端から端まで動き回って、おっきな声で叫んで、笑って、泣いて・・・うん、愛おしきかなぼっちゃまでした。

ぼっちゃま、もとい幸さんは、自由人に見えるけど、ほんとに情に厚くて、誰よりも家族を愛してて、そして淋しがり屋さん。
もしね、彼みたいな人がいたとしたら、やっぱりもうやだーってなっちゃうのかも(笑)
だけどやっぱり心のどこかでは気になって仕方なくって・・・ぼっちゃまってそんな人。
自由奔放に生きられるのも、ずっとどんな時でも側にいて見守ってくれてるばあやの千代がいてくれたから。
そして、心に留める愛する人や家族の存在があったから。
ぼっちゃまの家族はいつ会っててもほんとに喧嘩したりばっかりで。
でもね、そうやって正直に自分の感情をさらけだして喧嘩が出来るなんて、ほんとに素敵。
最近、取っ組み合いの喧嘩とか、見たことないもんね。
だから、体いっぱいで感情を表してるぼっちゃまの家族が大好きでした。

もしかしたらずっと笑ってるのかなーっていうくらい最初っから笑わされっぱなしだったんですけど、最後の最後に涙止まりませんでしたね。
幸さんの思いが、ちゃんとみんなにも伝わって、だけどそれでも孤独になってしまう切なさとか、ほんとに半端なくって。
幸さん、もしかしたら死んじゃったの?から生き返った時にはきっとここでみんな笑うんだろうなーって思ったけど、私は何でだかもうよかったよかったーって嬉しくて号泣。
最後に千代さんと一緒にでのラストは、切なかったなあ。
というか、泣いちゃったのはもうすでにぼっちゃまが大好きだったからなんでしょうね。

ぼっちゃまはほんとに、いたら苦労するだろうなーの典型なんだけど、それでもほんとに憎めなくてかわいくて、やっぱり幸せな家族、作って欲しいなーってすごく思いました。
ぼっちゃまが、スイカ食べてるとことか、チューチューをがりがりしてるとことかほんとめっちゃかわいくて。
お子様要素いっぱいなんだなあって、すごく微笑ましかったの。
うん、完全にぼっちゃまにやられっぱなしの素敵な、ほんとに素敵な舞台でした。

そして何と言っても舞台装置が素敵。
隣にあるアパートの下宿人の森田さんがずっと弾いてくれてるピアノの音色が心地よくて。
井上家の家の中が何だかほっとして。
2階から屋根に出て見える空も何だか想像できるみたいで、それだけでも思いっ切り癒された気がします。
あの、ぼっちゃまのお部屋に上がる時の階段、何気に好きなんですよね。
あれだけで、いくつかのドラマが出来ちゃいそうな、そんな感じ。
ほっこりでした。

吾郎ちゃん、ほんとに何ていうかすごいなーって思ったよ。
あれだけの早いセリフ回しに動きがくっついて、それでいて感情の起伏が激しいから、かなり大変だったんじゃないのかなーってしみじみ感じちゃった。
もちろん、ぼっちゃまは吾郎ちゃんの分身になってるんだろうから、当たり前みたいにそこにいることが出来たんでしょうね。
もっともっとたくさんの役を観てみたいけど、このぼっちゃまの幸さんは多分、かなり好きな役かもしれないな。

あ、そういえば、舞台の中で弟だったかな、喧嘩しながら「バカバカバーカ!」って言ってるとこがあったんですけど、不意に先日のビストロで剛くんに言った「バーカ!」を思い出しちゃって。
もちろん共通性はないんだけどね、もしかしたら吾郎ちゃん、、ぼっちゃまかなり入ってたのかなーとか思ったり。
最近の吾郎ちゃんは、ぼっちゃまモード全開でしたもんね。
うん、もちろん何を言っても憎めないのが吾郎ちゃんなんだけど。

吾郎ちゃん、駆け抜けた舞台だったけど、本当にお疲れ様でした。
まだこれから今年はもうひとつ舞台があるんですよね。
ドラマも撮影始まってるんだろうし、体にだけは気を付けて頑張って欲しいですね。
そしてまた、十三人の殿の時みたいな驚きの発見を私達にたくさん見せて欲しいです。
うーん、いつかまたぼっちゃまにも会いたいなって思ってるのは私だけ?

あーほんっとに吾郎ちゃん羨ましいな。
こんなに素敵な書き下ろしの舞台をすることが出来て。
剛くんにも、ほんとに今の剛くんにぴったりなお話で舞台してもらいたいな。
私は思ったよりも大丈夫なんだけど、それでも早くまた役者としての剛くんの姿が見たいです。
ほんとにね、舞台って、素敵な世界ですね。
そしてそこで生きられる俳優さんたちは幸せだなあって思います。
少しでもその空間に、剛くんも吾郎ちゃんも、みんながいることが出来ますように。

そう、最後の挨拶の時の素の照れてる笑顔の吾郎ちゃんがほんとにかわいかったです。
ライブでもあんなに近くで笑顔を感じたことないぞー!!なんて(笑)
間違いなくエンジェルスマイルでした。

次に会えるのは、ライブのステージ上がいいな。
やっぱりね、5人一緒でいる瞬間をたくさんたくさん見たいから。
まだまだのんのんしていて・・・いいんでしょ、ダメ?

何だか感想というにはあまりにも違いすぎちゃっててごめんなさい。
でも、舞台に行けた事、たくさんのお友達に会えたこと、心から感謝しています。
色んな繋がりって幸せですね。
改めて自分はたくさんの人に支えられて存在してるんだなあってしみじみ感じました。
たくさんありがとうです。

スマスマとかの感想はまた書きますね。
ここからは、拍手コメントのお返事です。


薄紫色の薔薇さん、こんにちは。
お久しぶりです。
お返事が遅くなってしまってほんとにすみませんでした。

冬のサクラ、何だかちょっぴり前の事なのにすごく懐かしい感じです。
当選、すごいですね。
おめでとうございます。
LP盤、もちろん知ってますよ(笑)
おっきいから飾るのには最高ですね。
わあ、そんなプレゼント全然知らなかったです。
忘れた頃にやってくるプレゼントってほんとに嬉しいですね。
ほんとに祐さんから届いたみたいなそんな感じ?

大瀧詠一さんの僕音、もちろん見ましたよ^^
うんうん、分かります。
剛くんの言葉、めっちゃ綺麗でしたよね。
どんな時でもふっと聞こえる剛くんの声は、魔法みたいにすーっと沁みて、幸せで満たしてくれるんですよね。
姿が見えないで、声だけだからなおさらなのかな、すっごく癒されます。
私も、どんな時でも剛くんには大好き、を超えた感謝の気持ちでいっぱいです。
「感謝、感謝、感謝」たくさんたくさん届けたいですね。
こうして、まだ次のお仕事が見えてこない時でも、剛くんを感じていられるお仕事があることに心からの感謝ですね。

大阪、行って来ました。
感想なんてものは上手く書けなかったんですけど、ほんとに素敵な舞台でした。
ぼっちゃまはほんとにたくさんの人に観てもらいたいって思える舞台だったから、再演とかあればいいなーって思っています。
かわいくて憎めないぼっちゃまでした。


スポンサーサイト

テーマ : SMAP   ジャンル : アイドル・芸能

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

ゆきちん

Author:ゆきちん
山口県に住んでいる、草なぎ剛くんとSMAPが大好きな、自閉症っ子のママです。
剛くんとSMAPに日々癒され、笑顔と元気をもらっています。
毎日の出来事や、剛くんのことを気ままに書いていきたいなと思っています。

たくさんの剛くんファンや、SMAPファンのみなさんとお友達になれたらとっても嬉しいです。

コメントについて
いつもたくさんのコメントをいただいて、ほんとに嬉しく思っています。 いただいたコメントは、公開、非公開に関わらず、HNでお返事させていただいています。 もし、イニシャル表示がいいよ~っていう方がいらっしゃいましたら、その都度教えて下さいね。 よろしくお願い致します。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
BALLAD 名もなき恋のうた
ポンズラーくん
メールフォーム
いつでもどうぞ! たくさんお話しましょう。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。