スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「任侠ヘルパー」第10話

思いを言葉で伝えるということは、本当に難しいです。
特に、その思いが衝撃的だったりあまりにも切なかったりすると、なおさら。
今回の10話、色んな人の色んな思いが分かりすぎるだけにとても悲しくなっちゃった。
何が正しくて何が間違ってるのかなんて、誰が決めるんだろ?
そんなこと、思ってしまいました。

手首を切ってしまった晶の手を優しく取る彦一。
彦一の言葉にならない思いが何とも切なくて。
晶に惹かれている思いを認めるには、あまりにも抱えてるものが大きいですよね。
ヘルパーの研修を続けていく中で、少しずつでも取り戻してきた人としての何か。
それは任侠ファミリーすべてがおんなじように感じてきていたことで、それが頭の真の目的だったのかもしれないですね。もちろんそれはあくまでも私の推測ですけど。
でも、それを世間の人たちに分かってもらうにはそこにはあまりにも厚すぎる壁が。何で?って思ってみたところでそれはずっと彦一たちを見てきたからの思い。
もし私が世間一般の人だったら?何にも知らずに極道っていう事実だけを知らされたとしたら?
やっぱり私だっておんなじ目をして彦一たちを見て、タイヨウを批判したかもしれない。
どんなにそこにある思いが任侠道であっても、彦一たちが今までやってきたことはやっぱり悪いことなのかもしれないから。
だから、六車さんの言った「僕らはカタギじゃない」の言葉があまりにも重く感じられました。

そんな状況の中、進行していく晶の病気とそこに絡んでくる色んな思い。
彦一は、何より晶と涼太の親子関係をずっと側で見守っていたいんでしょうね。親と離れる辛さは誰よりも分かっているはずだし。
だから、泣いている涼太の手をそっと握ってくれた彦一の優しさは本当に心に染みました。
晶に惹かれているのなら、そのまま何も考えずに支えてあげたらいいのかもしれない。
でも、やっぱり極道っていう壁が彦一に待ったをかけているんでしょうね。
そんなこと関係なく自分をいつも真っ直ぐ見て信頼してくれた涼太がかわいければかわいいほど、その壁は厚いでしょう。
あまりにも切ないです。
そして、そんな彦一を思い続けているりこ。
りこも、相手を思いやる優しさが邪魔をして、彦一にずっと何にも言えなかったけど、やっとその思いを伝えることができましたね。
それも彦一が最初にりこを引き寄せたあのソファーの上で。
「こっちはいつまで待てばいい?」りこらしい、それでいてほんとに精一杯の告白。
あと少し、りこには我に返らないで欲しかったかも。
勢いで彦一のこともっと押し倒しちゃえばよかったのに。
彦一は、りこの思いを知っていたのかな。
あ~もう、ほんとにあと1話でこの恋愛事情も何とかなるのかなあ。
ラストの火事で晶を助けに行った時の彦一の行動も言葉もすべてが本能で、きっとその瞬間守りたいって心から思ったんでしょうね。
たとえ自分が極道であったとしても。
素敵でしたね、彦一の見せた刺青。
それを見せたことが彦一の答えだったんでしょう。
晴奈は、本当にかわいそうだったなと思います。
でも、火事の中見たものが本当の彼らの何にも捉えられない真の姿だって分かってくれて、本当によかったなって思いました。
時間が掛かるかもしれないけど、五郎と何か進展があってくれたらいいのにな。
そしたら五郎ももっともっと変われるような気がしますもんね。

涼太の父親である厚生省の藤堂さんが出てきたことで、お話は何だかまた違う方向に動いていっていますけど、最終的に涼太はやっぱり晶の側にいるようなそんな気がしています。
そして、タイヨウもきっと再生するはずです。
それが隼会の下でのことなのかそれはまだ分からないけれども、何だか最後にすごい爆弾が待っているような気がしないでもないんですよね。
でないと、彦一たちがわざわざ危険を冒してまでもヘルパーの研修をした意味が分からないし、疑問に残ることがあまりにも多すぎます。
何故零次は極道でありながら5年もヘルパーを続けていたのか。
六車さんが言っていた、頭の思惑って一体何なのか。
六車さんが見つめてた任侠道の言葉に、答えがあるのかな。
何だかラストはすごい勢いで色んなことが進んでいきそうで怖いです。
そこにある答えが、幸せな答えであって欲しいけど、その幸せの意味が分からない。
彦一はどんな結論を出すのかな、そしてりこや任侠ファミリーたちも。
私は、極道をやめて欲しくないっていうのが今の素直な気持ちです。
極道でヘルパーだっていいじゃん。
弱きを助け、強きをくじくっていう本当の任侠道を感じさせて欲しいです。
あくまで私の個人的な思いですけど。

でも、ほんとにあと1回で終わりなんて考えられないです。
すべての問題に答えが出るとは思えないし、この先また彦一たちに会える日がくることを願っています。
何てかっこいいこと書いてますけど、本音は彦一とお別れが淋しいだけなんですよね。
ここまで彦一が現実に入り込んでくるなんて思ってもいなかったし、会えなくなることが信じられないんですよね。
ドラマの中だけでない、完全なる彦一が完全に自分の中では生きていましたから。
ラスト1回、ほんとに心して見なきゃって思ってます。
ひこいち~、最後に守りたい人を思いっ切り抱き締めてね。
そんな彦一を絶対に見たいから。
あ~、ほんとにどうなるんだろう。1週間ドキドキが止まりませんねきっと。
そしてその日が来るのがとても辛いです。
大丈夫かなあ、なんて真剣に悩んじゃってます(笑)

いつもたくさんの拍手をほんとにありがとうございます。
今日書いた記事、思いをどういう風に書いたらいいか全然分からなくて、めちゃくちゃで訳分からない書き方になっているかもしれないです。
読みづらいとことか、勝手な思いがたくさん入ってるかもしれないですけど、許して下さいね。
結局最後まで気持ちがまとまらなかった(汗)
彦一とお別れするのが辛いっていうのがいちばんなのかもしれないですけど。

ここからは、拍手コメントのお返事です。


kさん、こんにちは。
黄金伝説、本当に最高でしたよね。
あの剛くんを見て、惚れない人がいるなら教えて欲しいくらいです(爆)
それくらい剛くんは輝いてて、どんな時でも自然で一生懸命で、どうしてこんな人がいるんだろうって泣きたくなっちゃうくらいでした。
剛くんを好きになったことで、自分もたくさん成長できたような気がするし、本当に出会えてよかったって心から自分が幸せだって思います。
ドラマもいよいよあと1回になってしまいましたね。
この現実が正直いって受け入れられなくって参っています。
彦一は完全に一人の人として私達の中で生きていたし、会えなくなるなんて考えられないんですよね。
終わりが気になるけど、終わりが来て欲しくない、そんな複雑な思いです。
でも、そろそろ剛くんを少しお休みさせてあげないといけないんでしょうね。


ちかこさん、こんにちは^^
剛くん、本当に素敵でしたね。
剛くんの魅力は、どんな時でも全力投球で素直に楽しむことが出来ること。
簡単なようだけど、自然でいられることってとっても難しいはずなのに、それをどんな時でも笑ってさらっとやりこなしてくれる剛くんを応援することが出来る私達って、ほんとに幸せなのかもしれないですね。
録画...消しちゃったんですか...ショックですね(涙)
完全版、ちかこさんのところで放送されること、祈ってますね。
もし完全版がなかったら、遠慮なくまた教えて下さいね。

今日は月イチゴローがありますね。
BALLADを吾郎ちゃんが何て言ってくれるのか、ほんとに楽しみですね。


スポンサーサイト

テーマ : 草なぎ剛   ジャンル : アイドル・芸能

非公開コメント

プロフィール

ゆきちん

Author:ゆきちん
山口県に住んでいる、草なぎ剛くんとSMAPが大好きな、自閉症っ子のママです。
剛くんとSMAPに日々癒され、笑顔と元気をもらっています。
毎日の出来事や、剛くんのことを気ままに書いていきたいなと思っています。

たくさんの剛くんファンや、SMAPファンのみなさんとお友達になれたらとっても嬉しいです。

コメントについて
いつもたくさんのコメントをいただいて、ほんとに嬉しく思っています。 いただいたコメントは、公開、非公開に関わらず、HNでお返事させていただいています。 もし、イニシャル表示がいいよ~っていう方がいらっしゃいましたら、その都度教えて下さいね。 よろしくお願い致します。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
BALLAD 名もなき恋のうた
ポンズラーくん
メールフォーム
いつでもどうぞ! たくさんお話しましょう。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。