スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剛くんの純粋な心とメンバーの愛

土曜日、ほんとに幸せでした。幸せなんて、何が基準かなんて分からないけど、そこにSMAPがいてくれること、その中に剛くんがいてくれること、そしてSMAPはずっとこれからもSMAPなんだって思えたこと、ただそれだけでいいんだなってすっごく思えました。そしてやっぱりSMAPは6人なんだよね。木村くん、森くんのお話をしてくれてありがとう。「森いつ帰ってくんの?」は中居くんの最高の森くんへのお祝いの言葉だよね。森くん、G1優勝おめでとう。ほんとに素敵。SMAP大好き。

剛くんのドッキリは、すっごくドキドキしました。でも、やっぱり美味しかったのかな。ファンとしてはかっこいい全開の剛くんを見ることが出来たし、中居くんの優しさを感じること出来たし、何より剛くんのプロ根性に感動でした。どんなに気持ちが戸惑ってても、カメラを向けられると一瞬にして顔が変わるんですよね。ああやって剛くんはいつもお仕事をしてるんだなあって分かったし、素の剛くんも見れたし、鬼なファンだけど、剛くんありがとう~。だけどね、小窓に写ってる剛くんを見ているのは辛かったなあ。ドッキリなんていちばん見たくないものだもんね。最初は泣きが入ってたけど、段々顔が険しくなってて、最後は目を伏せてたもんね。だからやっぱりドッキリはもうこれでおしまいがいいな、中居くん。

ピアノは、この思いをどうやってここに書いたらいいのか分からないですね。私達ファンは、剛くんがどんなにピアノをずっと頑張ってきたか、そこにどんな思いがあったのかを少しは知ってるから、だから余計に言葉にならないでしょう。ただ、そこに集中した剛くんの気持ちがその歌声に素直に出ていたなっていうのはすごく分かりました。柔らかくって透き通るような澄んだ声。そして震える指先は儚くて、でもしっかり音を出していて。歌は綺麗な優しい歌でした。だからこそ心の先をぐっと掴まれたみたいで、自分の弱いとこ全部見られちゃったみたいで、涙が止まりませんでした。
2度目のピアノを弾きに行ったこと、木村くんは暴走って言ったけど、あれが剛くんの優しさなんじゃないのかなって、これが剛くんそのものなんだよなって思わずにはいられないです。純粋で素直な心、剛くんを突き動かしてるものは、きっとすっごく基本的なことなんでしょうけどね。ああ、この人が好きだってもっともっとみんなに言いたい、誇りを持ってそう言いたい、いつも思ってることがその時は、溢れるくらいの思いに変わりました。そしてもうひとつのドラマ、小窓に写ってるメンバーの顔。リピをして何度も何度も見ました。じっと全てを逃さず見てくれていた木村くん、あったかい優しい顔で見守ってくれていた中居くん、見れないよっていう泣きそうな顔をしながらそれでも見ていてくれた吾郎さん、そして僕はここにいるよっていう笑顔で見守っていてくれた慎吾くん。ほんとにありがとう。そして森くんもきっと見ていてくれたよね。木村くん、ラストに「ナイスピアノ」って言ってくれてありがとう。きっと剛くんもいちばん嬉しい言葉だったんだろうなって思うとやっぱり仲間っていいなって思わずにはいられなかったです。ありがとうSMAP、そして剛くんありがとう。テレ朝さん、ほんとにありがとうございました。

いつもたくさんの拍手、ありがとうございます。ほんとは今日、他メンのチャレンジのこととか、もっともっと書きたかったんですけど、朝ちょっぴり心が折れた切ないことがあって、こんな短い感想になってしまいました。だから気持ちがアップしたときにまた楽しい感想書かせてくださいね。何があったのかは追記に少しだけど書きますけど、子供のことなので、読まなくっていい方はスルーしちゃって下さいね。


今朝、いつものように学校へ行く支度をしていた子供が、急に涙を流し始めたんです。今日は購買にひとりでノートを買いに行かなければならなくって、ずっと昨日からそのことを言っていたので、てっきりそれが嫌で泣いてるのかなあって思っていたんです。嫌だったら先生と一緒に行くように連絡帳に書いておくからねって言って、大丈夫なようだったんですけど、家を出るギリギリになって、行きたくないって言い出したんです。ちょっとおかしいなって思ったんで、今日は車で行くことを集団登校の班長さんに伝えて、ゆっくりお話を聞きました。普段自分のことなんてほとんど話さない子なので、引き出していくのは大変でしたけど、ひとつ引っ張ったらぽつりぽつりですけど、話してくれて...。嫌なのは、どうも集団登校のおんなじ班にいる同級生の男の子だって分かったんです。その子は、以前にも帽子を投げたりということで注意をした子だったんですけど、どうも毎日その子に叩かれているっていうんです。だからもうその子がいるなら学校には行きたくないって。今までちっちゃいけれどいろんなことがあって、それでも泣いたり、学校へ行かないなんて言ったことはなくて、ほんとに今日が入学して初めてのことなんです。びっくりはしましたが、私はそれ以上にずっとそのことを親にも先生にも言わず、自分の心にしまっていた子供のことを思うといたたまれなく、そしてそんなことに気付いてあげられなかった自分がすっごく悔やまれて、どんなに毎日しんどかったんだろうって思うと、心がものすごく痛くてたまりません。自閉症の子供を育てるのに、私は普段なるべく自然に、と思う反面、いろんな焦りの気持ちもあったりして、厳しく叱ったりということもたくさんあって、だからきっと子供はそんなお話をしたら、お母さんに怒られるってずっと思っていたのかもしれません。私は何を見ていたのかなって、すっごく情けなくってたまりません。でも、前に進まないといけないですもんね。今日は一緒に学校に行って、事情を先生に話してきたところまでなんですけど、結局叩いてくるその子の素行は、言ったからといって直るようなことにはならないっていうのは分かっています。むしろ私はそんな子供のことなんてどうでもよくって、自分の子の気持ちを落ち着かせてあげる方法だけ、それだけを探したいって今思っています。大好きな学校をもう行かないとまで言わせた心の傷は、子供の障害の性質上、のこってしまうのかなとも思いますが、ゆっくり慎重に考えていこうと今は思っています。
今朝は結局そのあと1回も子供の笑顔を見ることは出来なくって、今日は帰りも迎えに行くつもりだったんですけど、先生が歩いて帰らせましょうというので、様子を見たいなと思っています。学校を休ますのは簡単だけど、それは解決法じゃないですもんね。今はふんばりどころ、私もいつまでも凹んでないで、親なんだもん、奮起して頑張ります。何だか追記とはいえ、長々すみませんでした。あ、でも私は大丈夫ですから、心配はいらないです。強くいないと親ではいられないですもんね。


スポンサーサイト

テーマ : 草なぎ剛   ジャンル : アイドル・芸能

子供の事は自分のことのように辛い、いやそれ以上ってことありますよね。
自分のペースで歩みましょう。皆昔は子供だったのだから、必ず共感できるしそれが子供の力になりますよ、きっと。

mikikoさん、こんにちは。
ほんとに、子供のことって、何で変わってあげられないんだろうって、はがゆくって仕方ないですよね。
でも、mikikoさんの言われるように、自分なりの歩みで進んでいくしかないんですよね。
大人になると、自分が子供だった時のことなんて忘れちゃうくらい世の中に流されることが多くって...取り戻さないとなってすっごく思いました。
励ましありがとう。頑張るからね!!
非公開コメント

プロフィール

ゆきちん

Author:ゆきちん
山口県に住んでいる、草なぎ剛くんとSMAPが大好きな、自閉症っ子のママです。
剛くんとSMAPに日々癒され、笑顔と元気をもらっています。
毎日の出来事や、剛くんのことを気ままに書いていきたいなと思っています。

たくさんの剛くんファンや、SMAPファンのみなさんとお友達になれたらとっても嬉しいです。

コメントについて
いつもたくさんのコメントをいただいて、ほんとに嬉しく思っています。 いただいたコメントは、公開、非公開に関わらず、HNでお返事させていただいています。 もし、イニシャル表示がいいよ~っていう方がいらっしゃいましたら、その都度教えて下さいね。 よろしくお願い致します。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
BALLAD 名もなき恋のうた
ポンズラーくん
メールフォーム
いつでもどうぞ! たくさんお話しましょう。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。